やってみることの大切さ

昨日、このブログのアクセス解析を見ていると、いつもはないアメブロからのアクセスが・・。

少し考えて、心当たりはあったので確認したら、やはりそうだったです。

みやびこさん、いつもありがとうございます!m(_ _)m

3ヶ月の塾の期間も、あと残り1ヶ月というときに、そのときの運営元に入塾可能と言われて、問い合わせをくれた人。

しかもオーストラリアから・・・汗;

その後もずっと交流させてもらってますが、本当にフットワークの軽い行動派の人です。

さて、先日も書きましたが、アフィリエイトはすぐに成果が出るものではないのに、すぐに諦める人が多いと思います。

アフィリエイトに限らず、どんなビジネスも同じでしょう。

例えば、いろんなビジネスを手掛けて数多くの成果を出している人がいます。

それを見ると、成功している人は何をやってもうまく行くんだなぁと思っちゃいますよね。

でも実際は表に出ていない失敗しているビジネスの数は、その何倍もあるという現実があります。

世間に広がるのは、そのビジネスがうまく行って、軌道に乗り始めたときですから。

1つのビジネスを成功させるのに、10のビジネスを失敗しているのが普通の世界。

でも人は失敗をしたくないので、成功している人は失敗をしていないと思いたいのかも知れません。^^;

アフィリエイトサイトを作るのも同じことです。

10個のサイト(あるいは10ページ)を作って、すべてのサイト(ページ)から報酬が発生するなんて、まずあり得ないことです。

最初は10個作ったら、そのうち1個から報酬が発生すれば、それはすごいことだと思います。

その比率を上げていくために、サポートがあるわけです。

また、自分でやってみた経験が、その比率を上げていってくれます。

塾のサポートも効率的に利用しないといけませんよね。

まずは自分で考えてやってみて、そのアウトプットに意見を求めるというのが良い使い方ではないでしょうか。

何事もとにかく、やってみることが大切ですよね。

いや、やってみないことには何も始まりませんし・・。

【たぶん最後】丸山広樹+アフィリエイト塾(公式)

お問い合わせはこちら